DAZN JAPAN

年間10,000試合以上のスポーツコンテンツを配信するスポーツ・チャンネルDAZN(ダゾーン)は、サービス登録者を募る目的でInstagramを活用してきました。好きなチームを応援したいというファンのインサイトを捉えたインタラクティブストーリーズ広告で獲得効率を大きく改善することができました。

ブランドの説明
ライブスポーツが一番観られるのはDAZN

年間10,000試合以上のスポーツコンテンツを配信するスポーツ・チャンネルDAZN(ダゾーン)。
多彩なコンテンツのラインアップが、多くの日本のスポーツファンに楽しまれています。

18%

獲得単価の削減

1.8X

コンバージョン率の改善

11%

クリック率の向上

Instagramストーリーズは他社プラットフォームとの比較においても、非常に獲得効率の良いメディアとなっています。プロ野球開幕モーメントに合わせ、新フォーマットを活用したアンケートスタンプを実施したことで、キャンペーン成功につながりました。
PERFORM INVESTMENT JAPAN 株式会社 PERFORMANCE MEDIA MANAGER
中津 広毅 氏
目標
野球シーズンの開幕モーメントでの登録獲得

利用者の急激な伸びに伴うスポーツファンへのリーチ機会に注目し、DAZNは様々なキャンペーンでInstagramを効果的に活用してきました。今回はスポーツへの注目度が集まるシーズン前でのコミュニケーションを行い、アプリのインストールとサービス加入を促進したいと考えました。

ソリューション
ファン心理をくすぐるクリエイティブ

プロ野球の開幕シーズンに合わせたクリエイティブ制作にあたり、DAZNはアンケートスタンプを使ったインタラクティブストーリーズ広告の効果を試してみることにしました。アンケートスタンプとは、ストーリーズ投稿内に二択の質問ボタンを設定することができる機能です。見た人にとっては、タイプする必要もなく気軽にアンケートに参加できるため、コミュニケーションを開始しやすいしかけとして人気を集めています。

縦型の画像素材がなくても、ストーリーズフォーマットの活用は可能です。今回DAZNは、インパクトのある画像素材の上下に黒背景を配置したシンプルなバナーを作成しました。アンケートスタンプでは、2つのチームのどちらのチームが勝つか?という二択の質問を投げかけました。好きなチームを応援したいという思いから、つい投票に参加したくなって広告にエンゲージする効果に期待したのです。

結果は、アンケートスタンプを設置した広告のほうがコンバージョン率が1.8倍と伸び、獲得効率が改善されました。広告のインタラクティブな機能が自分ごと化につながり、サービス利用意向にも影響をあたえうる可能性が示唆されました。

Instagramの効果を最大化するにあたって、DAZNは継続的なクリエイティブ改善ももちろんですが、ピクセルやSDKを有効活用した運用効率改善も重視しています。これらの取り組みによってDAZNのアプリをまだインストールしていない人のみに広告を表示させることや、インストール後の登録完了を最もしそうな人に最適化をすることも可能にしています。