ANA

ANAは夏季スポーツの祭典の1年前キャンペーンを展開。世界を相手に活躍する著名アスリートを始め、国籍、性別、障がいの有無など多様な人々を描いたInstagramストーリーズ広告の展開で、“すべての人に優しい空”の実現に向けたビジョンを200万人以上に訴求しました。

ブランドの説明
HELLO BLUE, HELLO FUTURE

ANAは、2020年そしてその先の未来に向けて日本と世界を結ぶ架け橋となり、国籍、性別、年齢、障がいの有無を問わず、「2020を、みんなの滑走路にしよう」というビジョンを掲げています。

200万人

以上リーチ

24%

目標値に対するリーチの増加

85%

目標値に対するリーチ単価の削減

Instagramのストーリーズはインパクトのある縦型全画面で、静止画のスライドショーでも効率よくユーザー伝えることができることを認識しました。訴求メッセージに適したターゲティング設定ができることも魅力の一つだと感じました。
全日本空輸株式会社
マーケティング室 宣伝部
橋口 直美氏
目標
未来への挑戦を新しいターゲット層へ伝える

すべての人に優しい空を目指すANAのビジョンを、より多くの人に認知してもらいたい。そのような思いで、夏季スポーツ祭典の1年前キャンペーンの展開にあたり、世界を股にかけて挑戦し続けるアスリートを始め、国籍や年齢、性別、障がいの有無など多様な人々の姿にビジョンを重ねてコミュニケーションを行いました。また、メディアについては、リーチ規模やターゲティング機能の高さに期待し、Instagramを活用しました。

何らかのエラーが発生しました
エラーが発生し、この動画を再生できませんでした。
ソリューション
イベントへの関心層を超えて、幅広い人に効率的にリーチ

ANAは、特に利用者の伸びが著しいInstagramストーリーズ広告を活用。ストーリーズの縦型全画面フォーマットは、著名アスリートの姿を大きく映し出すことができ、クリエイティブのインパクトを高める効果も期待されました。ストーリーズ広告は縦型の動画素材でなくても入稿可能です。ANAは3枚の静止画をもとに、スライドショー形式の動画を制作しました。

ストーリーズは次から次のコンテンツへとテンポよく視聴される傾向があることから、一瞬の視聴であってもどのブランドの広告だったのかの印象を残す工夫は重要です。ANAは、ブランドカラーを引き立たせてビジュアルでブランド・アイデンティティを伝えるのはもちろんのこと、画面下部に常時ロゴやキャンペーンメッセージをテキストで表示させておく工夫を凝らしました。

また、ターゲティングについては、支援しているスポーツイベントへの関心層だけでなく、スポーツ全般への興味関心層、またダイバーシティに関する興味関心層を加えることで、ANAのメッセージへの共感が見込めそうなターゲットへのリーチを狙いました。

結果は、Facebookのみを活用していた500日前キャンペーン実施時の実績(目標値)と比較して、Instagramを追加した1年前キャンペーンでは、大きくリーチ効率を改善することができました。

関連事例