Instagramのブランドコンテンツツール

毎日数え切れないほどの利用者がInstagramを通じたコミュニケーションに没頭し、クリエイティブに自己表現したり、インスピレーションあふれる投稿を探したりしています。80%を超える利用者がビジネスをフォローしており、ブランドはInstagramコミュニティの重要な要素となっています。オーディエンスの趣味・関心やこだわりに働きかけることによって関係性を構築できるため、ビジネスやクリエイターはInstagramのプラットフォームを活用しています。ビジネスにとって有益なつながりの1つとして考えられるのが、クリエイター(インフルエンサーやパブリッシャー)と連携してブランドコンテンツのキャンペーンを開催することです(インフルエンサーマーケティングとも呼ばれます)。このようなパートナーシップを通して、Instagramの利用者は、自分がフォローしているクリエイターの投稿から製品やサービスについて知ることができます。

Instagramではこの度、Instagramのブランドコンテンツに透明性と一貫性をもたらす新しいツールのテストを行いました。 これらのツールには、パートナーシップに基づいた投稿であることをクリエイターが明示するためのタグと、ビジネスがブランドコンテンツキャンペーンのパフォーマンスを確認するためのインサイトがあります。これらのツールによって、結果的にInstagramコミュニティのブランドコンテンツ全体に透明性がもたらされます。

InstagramではInstagramブランドコンテンツツールを利用できる対象を、より多くのクリエイター(有名人、インフルエンサー、著名人、パブリッシャー)やビジネスパートナーに拡大していきます。加えて、すでにビジネスページを持っているブランドがインサイトにアクセスできるようにするとともに、新しいポリシーや運用ルールの導入を進めていきます。以下は、フィードやStoriesに表示されるタグ付きのブランドコンテンツ投稿の例です。

フィード(ヘッダーが2行)

フィード(ヘッダーが3行)

ストーリーズ投稿


ブランドコンテンツの拡大について

アルファテストでは、ビジネスやクリエイターが、ブランドコンテンツツールによってInstagramコミュニティにもたらされる透明性を高く評価していることが、明らかになりました。アルファパートナーからのフィードバックをさらに詳しく分析し、その後、より多くのパートナーがツールにアクセスできるようにしていきます。このツールにより、クリエイターとビジネスの間に取引関係がある場合には、それが明示されます。投稿にタグが設定されていると、投稿のヘッダーに「[ビジネスパートナー]とのタイアップ投稿」と表示されます。この機能は、今後数か月をかけて段階的に、グローバルに導入されます。

インサイトにアクセス: タグ付けされたビジネスパートナーは、自分のFacebookページインサイトでこれらのフィード投稿のリーチやエンゲージメント(「いいね!」、コメントなど)を確認できます。Instagram Storiesについては、タグ付けされたビジネスパートナーは14日間ぶんの指標(リーチ、次へのタップ、前へのタップ、返信、ストーリーズからの移動)を確認できます。クリエイターは今までと同様にアプリインサイトで指標を確認できます。

ポリシーと運用: Instagramがブランドコンテンツポリシーを導入したのは今回が初めてです。この新しいポリシーは、2017年3月30日に発表されたFacebookの最新のポリシーと同じものです。今後数週間以内に、Instagramは、適切なタグ付けが行われていないブランドコンテンツに対し、ポリシー遵守を強く求めていきます。

パートナーの承認: また、パートナーの承認も導入されます。これはブランドセーフティのための措置です。Instagramのビジネスパートナーがクリエイターパートナーの投稿にタグ付けされる前に、そのクリエイターを承認できるオプションが導入されます。導入時のデフォルト設定ではパートナーの承認がオフになっているため、クリエイターは何の障害もなくビジネスパートナーを簡単にタグ付けできます。しかし、ビジネスパートナーはいつでもパートナーの承認をオンにして、クリエイターが自社をタグ付けする前にクリエイターを承認することができます。パートナーの承認をオンにする方法については以下をご覧ください。

ステップ1: [オプション]に移動し、[ビジネス設定]を見つけます。下にスクロールし、[ブランドコンテンツの承認]を見つけます。

ステップ2: 現在、承認はデフォルト設定でオフになっています。トグルボタンをオンに切り替えて承認できるようにします。

ステップ3: 他にも承認するクリエイターアカウントを見つけるには、[承認が必要]トグルボタンの下をご覧ください。

ステップ4: 承認済みのクリエイターアカウントが表示されます。

ステップ5: クリエイターアカウントをすべて承認すると、ブランド承認トレイが空になります。

ツールのクリエイター(インフルエンサーやパブリッシャー)向け機能

投稿へのタグ付け機能

  • クリエイターとビジネスパートナーとの間でコンテンツの詳細が固まったら、クリエイターはフィード投稿やストーリーズ投稿の作成フローに移行します。

  • クリエイターは[詳細設定](フィード投稿の場合)か、リンクボタン(ストーリーズ投稿の場合)をクリックします。

  • 次に、[ビジネスパートナーをタグ付け]をクリックしてビジネスの名前を検索します。ビジネスパートナーが検索結果に表示されるには、Instagramビジネスプロフィールが必要です。ビジネスパートナーが検索結果に表示されたにもかかわらず、タグ付けできない場合は、ビジネスパートナーに連絡して承認を依頼する必要があります。ビジネスパートナーによって承認されると、投稿の右上にある省略記号をタップして投稿を編集し、タグを追加できるようになります。

  • タグを追加すると、ビジネスパートナーにお知らせが届くようになり、投稿のインサイトにアクセスできるようになります。

フィード投稿の作成

ステップ1: フィード投稿を作成する場合は、作成フローの最後のページにある詳細設定に移動します。

ステップ2: [ビジネスパートナーをタグ付け]フィールドをタップすると、検索ビューが開きます。

ステップ3: パートナーを検索します。承認が必要なパートナーはグレーアウトされ、ヘッダーで区別されています。

ステップ4: パートナーをタップするとパートナーが投稿に追加されます。

ステップ5: 今後は、パートナーを追加することによって、Facebookへのクロスシェアが無効になります。

ストーリーズ投稿の作成

ステップ1: ストーリーズ投稿を作成する場合は、ストーリーズに使う写真や動画を撮影した後で、それを投稿する前にアイコンツールバーに移動します。

ステップ2: リンクアイコンをタップするとビューが表示され、ビジネスパートナーにタグを付けるためのオプションを使用できます。一部のインフルエンサーには、URLを追加するオプションも表示されます。

ステップ3: ビジネスパートナーを検索します。


ツールのビジネスパートナー向け機能

タグのお知らせとタグの削除

タグ付けされたビジネスも、ブランドコンテンツ投稿からオプトアウトできるようになります。キャンペーンが開始されると、Facebook、Instagram、Instagram Direct (Storiesへのブランドコンテンツ投稿の場合)からビジネスパートナーにお知らせが届くようになります。 ビジネスパートナーがタグからの削除を希望している場合は、2通りの方法でそれを行うことができます。

  • 1つめはFacebookページかビジネスマネージャを使う方法です。Facebookページからタグを削除するには、投稿タブかStoriesタブを選択して、クリエイターのハンドルの横にある下向きの矢印をクリックし、次に[削除]ボタンをクリックします。

  • 2つ目はInstagramでタグを削除する方法です。ビジネスパートナーは投稿の上の右側にある3つのドットをクリックし、[削除]オプションを選択できます。

ステップ1: [インサイト]の[ブランドコンテンツ]タブから、タグを削除する投稿をクリックします。投稿のプレビューが表示されます。

ステップ2: 右上のユーザーネームの横にあるシェブロンをクリックし、インフルエンサーの投稿からブランドを削除するためのオプションを表示します。

ステップ3: ダイアログボックスでアクションを承認します。

ステップ4: 確認を表示します。

ステップ1: 携帯電話でInstagramを開き、タグ付けされたブランドコンテンツ投稿の右上にある3つのドットをタップします。

ステップ2: [投稿から自分を削除]をタップします。

ステップ3: 削除を確認します。注: タグ付けされたブランドコンテンツ投稿から自分を削除すると、インサイトを見られなくなります。投稿はInstagramから削除されません。

ステップ1: Storiesのブランドコンテンツ投稿で、タグ付けされた投稿の右下にある3つのドットをタップします。

ステップ2: 削除を確認します。タグ付けされたブランドコンテンツのストーリーズ投稿から自分を削除すると、インサイトを見られなくなります。投稿はInstagramから削除されません。

インサイトを開く

  • キャンペーンが開始されると、ビジネスパートナーのFacebookページインサイトの[ブランドコンテンツ]タブに、オーガニックインサイトが表示されるようになります。ビジネスパートナーは、Instagramプロフィールを作成するためのFacebookページが必要です。

  • Instagram Storiesについては、タグ付けされたビジネスパートナーは14日間ぶんの指標(リーチ、次へのタップ、前へのタップ、返信、ストーリーズからの移動)を確認できます。クリエイターは今までと同様にアプリインサイトで指標を確認できます。

  • Storiesインサイトの有効期限は14日間ですが、フィードインサイトには有効期限はありません。

フィード投稿のインサイト

Storiesインサイト

ビジネスマネージャからインサイトにアクセスする

Instagramのブランドコンテンツの詳細については、以下をクリックしてください。